藤沢市 自己破産 法律事務所

債務整理・借金の相談を藤沢市に住んでいる方がするならココ!

借金の利子が高い

藤沢市で債務・借金などの悩み相談をする場合、どこがいいのか迷ったり悩んだりしているのでは?
どうせ相談するなら、優秀な弁護士や司法書士が相談にのってくれる法律事務所・法務事務所にしたいですよね。
このサイトでは、ネットで無料相談出来る、おすすめの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
藤沢市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料でできるので安心です。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、とりう人にもお勧めです。
多重債務・借金返済で困っているなら、まずは司法書士・弁護士に相談して、解決への道を探してみませんか?

自己破産や借金の相談を藤沢市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

藤沢市の借金返済・債務問題の相談なら、この事務所がお勧め。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いも可能。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップすることもできます。
個人再生、過払い金、自己破産、任意整理、など、借金や債務の悩みについて無料で相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、過払い・債務の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適したやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
また、過払い請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口もあるので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

藤沢市在住の方が借金・債務整理の相談をするならまず、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネット上の借金解決のための診断ツールです。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し不安。
そんな人にもピッタリです。
しかも、無料&匿名で利用できます☆
全国対応のサービスなので、藤沢市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国対応!
あなたの借金・債務の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の藤沢市周辺にある弁護士や司法書士の事務所の紹介

藤沢市には複数の弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●司法書士法人市川事務所
神奈川県藤沢市南藤沢4-16 マサキビル 4F
0120-520-625
http://ichi-jimu.com

●司法書士シーガル法務事務所
神奈川県藤沢市辻堂1丁目3-13 江戸惣ビル6階
0466-97-1196
http://shonanhouki.com

●司法書士ささい事務所
神奈川県藤沢市湘南台2丁目7-9 ナリタビル502号室
0466-21-9989
http://sasai.on.omisenomikata.jp

●杉本千里司法書士事務所
神奈川県藤沢市大鋸1丁目9-13 コート・リヴィエラ2 1F
0466-22-1338

●エル・ファーム湘南司法書士事務所
神奈川県藤沢市 大鋸1丁目2-18 5階A
0466-28-0202
http://l-firm-shonan.net

●司法書士たきた事務所
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目13-17 CORALSEAS 2F
0466-47-6512
http://takita-z.jp

●辻堂新町司法書士事務所
神奈川県藤沢市辻堂新町1-4-1
0466-52-4890
http://tsujidou-shinmachi.jp

●湘南台司法書士事務所
神奈川県藤沢市 湘南台一丁目6番地の6 ニュー椿ビル1F
0466-47-2602
http://souzoku-touki.net

●司法書士松崎事務所
神奈川県藤沢市辻堂2丁目6-1
0466-36-3639
http://matsuzakijimusyo.com

●三好千江子司法書士事務所
神奈川県藤沢市南藤沢7-9 ロイヤルハイツ藤沢 2F
0466-25-1343

地元藤沢市の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済問題に藤沢市在住で困っている方

消費者金融やクレジットカードの分割払い等は、ものすごく高い利子がつきます。
15%〜20%もの利子を払わなければならないのです。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)ほど、自動車のローンも1.2%〜5%(年間)くらいなので、すごい差があります。
しかも、「出資法」をもとに金利を設定する金融業者だと、利子0.29などの高利な金利を取っている場合もあるのです。
かなり高い利子を払い、そして借金は増えていく一方。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないのですが、高利な金利で金額も多いという状態では、なかなか完済の目処が立ちません。
どう返済すべきか、もう何も思い付かないのなら、法律事務所・法務事務所に相談してはいかがでしょう。
司法書士や弁護士ならば、借金返済の解決策を考え出してくれるはずです。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金を返してもらって返す金額が減額するかもしれません。
まず相談する、これが解決するための第一歩です。

藤沢市/借金の減額請求って、なに?|自己破産

多重債務などで、借り入れの返済が苦しい状態に陥ったときに有効なやり方のひとつが、任意整理です。
今現在の借入れの状態をもう一度確かめてみて、以前に金利の支払すぎ等があったなら、それを請求する、または現状の借り入れとチャラにして、更に現状の借入についてこれから先の金利を減らしてもらえる様に相談出来る方法です。
ただ、借入れしていた元金については、しっかりと払戻をしていくということが大元となり、利息が減額になった分、過去よりもっと短期での支払いが基本となってきます。
只、利子を返さなくてよいかわり、月々の返済額はカットされるのだから、負担は減ることが一般的です。
ただ、借入をしているクレジット会社などの金融業者がこのこれから先の利息についての減額請求に応じてくれなくては、任意整理はきっとできません。
弁護士さんに相談すれば、絶対に減額請求が出来るだろうと考える方も多数いるかもわかりませんが、対応は業者により多種多様であり、応じてくれない業者も有るのです。
只、減額請求に対応してくれない業者はごく少数なのです。
なので、現実に任意整理を行って、クレジット会社などの金融業者に減額請求を行うという事で、借り入れの心配事がずいぶん減少すると言う人は少なくありません。
現実に任意整理が出来るだろうか、どれ程、借金の払い戻しが縮減されるかなどは、先ず弁護士などの精通している方に依頼するという事がお勧めです。

藤沢市|自己破産に潜むリスクとは?/自己破産

はっきし言えば社会一般で言われるほど自己破産のリスクは少ないのです。マイホームや高価な車や土地等高価値な物は処分されるが、生活するうえで要るものは処分されません。
また二〇万円以下の貯蓄は持っていていいです。それと当面数箇月分の生活費が100万円未満なら持って行かれる事は無いでしょう。
官報に破産者の名簿として載るがこれも一定の人しか見ないでしょう。
またいうなればブラックリストに記載されて7年間ぐらいの間はキャッシングもしくはローンが使用不可能な状態になりますが、これは仕方無い事です。
あと決められた職に就職出来ないということがあるのです。ですがこれも特定の限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返済することができない借金を抱え込んでるのであれば自己破産を行うと言うのも1つの進め方です。自己破産を行ったら今までの借金が全て無くなり、新しい人生をスタートできると言うことで長所の方が大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士や司法書士や公認会計士や弁護士などの資格は無くなります。私法上の資格制限とし保証人、後見人、遺言執行者にもなれません。又会社の取締役等にもなれないのです。けれどもこれらのリスクはほぼ関係が無い時が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものではないはずです。