川崎市 自己破産 法律事務所

川崎市在住の人が債務・借金の相談をするならこちら!

借金返済の相談

借金の額が多すぎて返済が厳しい…。
多重債務を抱えているので、債務整理で解決したい…。
もしもそう思っているなら、できるだけ早く弁護士・司法書士に相談を。
弁護士や司法書士が探してくれる解決策で、督促がSTOPしたり、返済金額が減ったり、などさまざまなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談できる法務事務所・法律事務所も複数あります。
ここではその中で、川崎市に対応している、お勧めの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
また、川崎市の地元の法務事務所・法律事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にしてください。
借金の問題は、一人ではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知恵・知識を借り、解決への糸口を見つけましょう!

借金や自己破産の相談を川崎市の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

川崎市の債務・借金返済の悩み相談なら、こちらの事務所がお勧めです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いもOKです。
相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPも可能。
過払い金、個人再生、任意整理、自己破産、など、借金・債務の悩みについて相談できます。。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付できるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、過払い・債務の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに合ったやり方で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、戻ってきた過払い金から料金を精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性の人も安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

川崎市に住んでいる人が債務整理や借金の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる借金の診断ツール。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にピッタリです。
しかも、匿名で、無料で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、川崎市在住の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の川崎市周辺の法律事務所や法務事務所を紹介

他にも川崎市には複数の法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●関根事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14-3
044-844-6400
http://law-japan.com

●神奈川法務事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目29
044-739-5567
http://kanahoh.co.jp

●小山稀世・小山明子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-15
044-211-2811
http://koyamaoffice.com

●司法書士小串事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目8-1 シャンボール川崎砂子702
0120-313-442
http://saimuseiri-ogushi.com

●司法書士川崎リーガルオフィス
神奈川県川崎市川崎区宮本町2-27
044-201-6836
http://kawasaki-legal.com

●槙尾三也子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-19 TKビル 2F
044-233-5103
http://netyou.jp

●吉岡司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目4-2 小島ビル2F
044-221-5485
http://y-shihou.com

●K&S司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-18 井口ビル1階
044-222-3210
http://ks-shihou.jp

●後迫司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8 ニッコービル 2F
044-233-8763
http://ushirosako-office.com

●溝淵司法綜合事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区新丸子町915-20 三井生命ビル 6F
044-711-3431
http://mizobuchi.com

地元川崎市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済に川崎市に住んでいて参っている場合

いくつかの人や金融業者から借金してしまった状況を「多重債務」といいます。
こっちでもあっちでも借金して、借金の額も返済先も増えてしまった状況です。
消費者金融で限度額まで借りてしまったから、次は別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いをして、クレジットカードを何枚も作ったり。
多重債務の状況までいった方は、たいていはもう借金返済が困難な状況になってしまっています。
もう、どうあがいても借金が返せない、という状態です。
おまけに高い利子。
もうダメだ、なすすべもない、と思ったら、法務事務所・法律事務所に相談するのが最良です。
司法書士や弁護士に相談し、今の自分の状態を説明し、解決するための方法を提示してもらいましょう。
借金・お金の問題は、司法書士や弁護士知恵を頼るのが最善ではないでしょうか。

川崎市/任意整理のデメリットを調べよう|自己破産

借入の返済をするのができなくなったときはなるべく迅速に措置しましょう。
ほうって置くと更に利息は増していきますし、収拾するのはより一層苦しくなるだろうと予測できます。
借入の返済をするのがどうしても出来なくなったときは債務整理がよく行われるが、任意整理も又とかく選択される手段のひとつでしょう。
任意整理の際は、自己破産の様に大事な財産をそのまま維持しながら、借金の減額ができるでしょう。
又職業又は資格の限定もありません。
良い点のたくさんある進め方とはいえるが、確かに欠点もありますので、欠点についても今1度考えていきましょう。
任意整理の不利な点としては、まず借り入れがすべてチャラになるという訳では無いということはしっかり認識しましょう。
削減をされた借入れは大体3年ほどの期間で全額返済を目指しますから、しっかりと返却構想を考える必要があるでしょう。
あと、任意整理は裁判所を通さずに債権者と直に交渉をすることができるが、法の認識がない一般人じゃそつなく協議がとてもじゃないできない事もあるでしょう。
もっと不利な点としては、任意整理をした際はその情報が信用情報に掲載される事となり、世に言うブラックリストと呼ばれる情況です。
それゆえ任意整理をした後は5年〜7年位は新規に借入れをしたり、カードを新たにつくる事は困難になるでしょう。

川崎市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/自己破産

はっきり言って世間で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車・土地・マイホームなど高価値な物は処分されるが、生活するなかで必ず要るものは処分されないです。
また20万円以下の蓄えも持っていていいです。それと当面の間の数ケ月分の生活費用百万未満なら持っていかれることはないのです。
官報に破産者の名簿として掲載されるのですがこれも特定の方しか見ないものです。
また俗にいうブラックリストに掲載されてしまい七年間ほどの間キャッシング又はローンが使用ローンもしくはキャッシングが使用不可能になりますが、これは致し方ない事です。
あと決められた職種に就職できない事もあります。ですがこれも極一定の限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返金する事が出来ない借金を抱えこんでるのならば自己破産をするのも1つの進め方でしょう。自己破産を行った場合今までの借金が全く帳消しになり、新規に人生を始められると言うことで良い点の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし税理士・司法書士・弁護士・公認会計士などの資格は停止されるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者や保証人や後見人にもなれないです。又会社の取締役などにもなれないのです。けれどこれらのリスクはおおよそ関係がない場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きな物では無い筈です。