シェアハウスとは

シェアハウスというと、最近人気のシェアハウス番組などもあったので、多くの人が認知しているかも知れません。
シェアハウスは1つの家に、複数の人たちが集まって共同で暮らします。
個別の部屋は確保して、プライベートルームとし、トイレ、風呂、キッチン、リビングを共有するというものです。


シェアハウスのメリットは敷金礼金、保証人制度がありません。
また家賃は月払いだけでなく週払いの場合もあります。
短期滞在の人にも人気があります。
生活に必要な寝具、家具、テレビ、冷蔵庫やエアコンなどが揃っているので、すぐにでも使えるところも便利です。
シェアハウスは投資効率が高いので、個人だけでなく不動産会社、投資会社なども経営しているものも多くあります。


ヨーロッパなどでは大きな家に20人近くの、シェア学生が住んでいるというようなことも結構あるようです。
オーストラリアなどは格安滞在方法として、シェアハウスは常識となっています。
都市部は家賃も高く郊外は安くなっています。


しかし昔から日本でもシェアハウスはありました。
しかし最近言われるようなおしゃれなシェアハウスではなく、ボロアパートやボロ旅館というのもシェアハウスの部類なのです。
トイレや台所などが共同で、一部屋ずつ鍵のついた部屋があるだけのアパートや旅館も、昔はたくさんありました。
山谷なども、今は外国人向けの旅館に変っていますが、昔は労働者の長期住いになっていました。
これなどもシェアハウスの分類に入るわけです。


古くて新しいシェアハウスですが、今はとてもおしゃれで機能的で、そのうえ安いというものに変ってきています。


○特選サイト
女性でも安心して入居できるシェアハウスを紹介しているサイトです・・・シェアハウス 女性